New iPhoneteq オープン。

アイフォンテクが移転しました!
http://iphoneteq.bex.jp/  
さらに充実したサイトにリニューアル!
iPhoneの基本情報から便利な脱獄Tweekの情報まで
取り扱っています。
このサイトの頃は扱っていませんでしたが、
アプリに関するさらに詳しい情報を掲載するために
サブページをさらに充実していっているようです。
気になる方はぜひこちらからアクセスお願いいたします。

http://iphoneteq.bex.jp/  
また相互リンクしてくださっていたWebサイトの運営者様にお願いです。
元のページ(iPhoneteq.tk)のサーバ消失により復旧ができなくなってしまいました。
そのためこのたびリニューアルオープンしてサイトを作り直すことになりました。
記録が残っていないためサイトのURLや運営者様のサイトが連絡できず、本当に申し訳なく思ってます。
もしよろしければコメントやメールを送って下さればもう一度リンクさせていただきますので
こちらもよろしくお願いします。 

iPhoneteq再始動。

http://iphoneteq.bex.jp/

長らく放置して申し訳なかったんですが心機一転新体制で

iPhoneteqを運営することになりました。

http://iphoneteq.bex.jp/

上記のURLからアクセスできます。

お手数ですがよろしくお願いします。

iPhone購入前情報まとめ!–iPhoneとAndroidの違い

一見よく似た2種類のケータイ、

このケータイにはどのような違いがあるのでしょうか?

Androidとは?

VS

Androidとは、Googleが開発した(OS)スマートフォン用のシステムです。

このAndroidは、許可さえ貰えばどのメーカーでも使っていいことになっていて、

SonyEricsson,HTC,Samusung,Toshiba,sharpなど国内外多くのメーカーが

使っています。

iPhoneはAppleが開発したシステム、iOSを搭載しており、

このOSはアップル製品にしか搭載されていません。

そのためiPhoneアプリは、ipod touch、ipadなどAppleの製品でしか動作することができません。

 

ハード編

本体の機能をではどのような違いがあるのでしょう?

iPhoneならではのハード的特徴

長所

Retina ディスプレイできめ細かな画面。

正確なマルチタッチ。

iPod系/iPhone用の周辺機器が多数使える。

バッテリーがスマートフォンNo1の長持ち。

よくできたカメラ。

短所

ガラパゴスケータイ(日本のケータイ)の機能が使えない。

独特の操作感。

Androidならではのハード的機能

長所

ワンセグ、赤外線、お財布ケータイなど

iPhoneについていないメリットがたくさんあります。

(非対応機種もあります。)

短所

ハードによってばらばらな操作感。

強みである互換性も微妙な互換。

OSの機能編

iOSならではの機能

・これは必須、iPod

・iTunesで音楽や動画の購入も出来る

・安心、安全なAppstore

・絵文字、SMS、MMSに標準対応

・ハード、ソフト両面からのすばらしい操作性

Androidならではの機能

・すごく便利なナビ機能

・自由なカスタマイズ

・自由なAndroidマーケット

・Googleとの強い親和性

アプリ編

iPhoneアプリ総数 154,726 (内 電子書籍18% / ゲーム15% / エンタメ13%)

Androidアプリ総数 22,586 (内 エンタメ20% / ツール14% / テーマ8%)

ITメディアより(2010/2月のデータ)

アプリ数なら絶対iPhoneの方が上です。

ライフハック系アプリ、ゲームアプリ、その他いろいろなアプリが

iPhoneではたくさんあります。

たとえば大手アプリメーカー、gameloftでは、Phone版とAndroid版で

配信が半年から1年遅れがあります。またEAなどの大手もAndroid版を制作

しないことが多かったりします。

 

しかしAndroidではiPhoneにはないアプリがたくさんあります。

音楽プレイヤーの音質をあげるアプリなど、実用的なアプリもあり、

カスタマイズという部分ではAndroidに軍配があがるでしょう。

その他の比較

・ブラウザ比較

iPhone safariの方が高速で安定してます。

android のブラウザは種類にもよると思いますが、スクロールが重い気がします。

ただしAndroid2.2以降ではFlash対応なので、こちらは強い!

・ホーム画面比較

iPhoneホーム画面はシンプル、アプリがならんでいるだけです。

すぐにアプリへ移動出来る仕組みですね。

Androidのデスクトップはウィジェットを自由に配置できます。

これは面白いので是非使ってください。

ストア比較

Appストアは完全にアプリの検査ずみアプリしかダウンロードできません。

Androidマーケットは自由にダウンロードできます。

しかしそのぶんスパムなど悪い動作をするアプリが多いので

Androidマーケットには気をつけてください。

通知機能

これはAndroidの方がいいです。

しゅるしゅるっと引っ張って確認できるUIも好きです。

iPhoneの通知はホーム画面にポップアップされるだけなので

もうひとひねりほしいですね。

PCとの連携

iPhoneはiTunesと連携しないとまともに使えませんが、

Androidはそうではないです。

しかしだからといってAndroidが優れた同期ができるともいえないので、

これは好みですね。

 

総評

どちらも優れた端末なので、好みで選ぶといいでしょう。

iPhoneは最新機種を、Androidは自分にあった端末を選ぶのがいいですね。

ただし、AndroidはiPhoneに比べて自由度が高く、敷居が高いと思うので

よくわからない方はiPhoneを選ぶことを強くおすすめします。

(カスタマイズ好きの私にはもってこいだと思うのですが)

Q&A

Q1スマートフォンって何?

一般的なケータイ電話は、電話をベースにしたものでしたが、

スマートフォンではPDA(情報端末)としての機能を重視したものとなっています。

代表的なのは、Blackberry、iPhone、Android、WindowsPhoneなどです。

Q2ケータイとの違いを教えて

ケータイ電話に比べてカスタマイズ製が高く、

ビジネスユースでの使用にも向いています。

Q3Androidが今後iPhoneを抜かすって聞くけど・・・

それはまだわかりません。Androidのバージョンアップは非常に早いので、

もしかすると抜くこともあるかもしれませんが、互換性の問題、端末(キャリア)アップデートの問題、マーケットプレイスのセキュリティ問題など数多くの問題がAndroidには存在します。もし抜くことがあっても、現在発売されている多くのAndroidに新しい機能は搭載されないので、私としてはiPhoneを抜いてから購入するのが買い時だと思ってます。

iPhoneの月額料金って?

他機種からiPhoneに乗換を検討している方、

iPhoneの料金プランを簡単にご説明します。

・月々割

スーパーボーナスに加入すると発生します。

結構やすくなるので加入することをおすすめします。

・S!ベーシックパック

これはメールをする場合必ず必要となります。

 

・パケット放題フラット

これは通信をし放題にするプラン、iPhoneなら加入必須。

・ホワイトプラン

これは電話のプランなんですが、

基本使用料980円と大変安いです。

しかし、他社通話1分30円と大変お高いので、

電話をよく使う方はダブルホワイトに変更しましょう。

 

私の料金明細

S!ベーシックパック(i)

490円

パケットし放題フラット

4,410円

月月割

-1,920円

ホワイトプラン(i)基本使用料

980円

分割支払い金(賦払金)

1,920円

総計

5,705円

(+通話料金)

といった形。私自身電話はあまり使わないので

このプランでも大丈夫でした。月ほとんど6000円きってます。

iPhone本体の機種選び

iPhone本体の容量、

現在は16GBモデルと32GBモデルがありますね。

迷っているあなたのために情報をまとめてみました。

以下のチェックをご覧ください

 

・映画やドラマを大量に持ち運ぼうと思っている。

・大容量ゲームアプリをたくさん保管しておきたい。

・10GBを超える音楽ライブラリを持ち運びたい。

 

以上の3点のいずれに当てはまる方はまよわず32GBモデルへ!

それ以外の方は16GBで十分足ります。

16GBモデルを使ってみて

一見容量が少なそうに見える16GBモデルですが、

そんなことありません。

実のところ私も16GBモデルを使っていますが、ヘビーユーザーの私でも

さほど容量でこまることは少ないです。

 

現在の私のiPhoneの状況を見てみましょう。

iPhone3G 16GBモデル

曲数:1200

ビデオ:0

写真:100

アプリ:141

空き容量4GB

こんな感じです。整理すればもっと容量を削れるでしょうが、

一般なかんじとしてはこんもんじゃないでしょうか?

(ただし私は音楽を聴くのが好きで、PCのiTunes内では8000曲を超える音楽を保存しています、これらを運ぶのは無理なので、好きな曲だけプレイリストに入れて持ち運んでいます。ちなみに音楽ライブラリ容量は合計33GB程度)

 

少ない容量で運用するアドバイス

・音楽は好きな曲だけ

・128kbで転送にチェックを入れる

・使わないアプリは削除、動画も見た動画は極力削除

iPhoneを購入する際の注意

・新型iPhoneの発売日は例年6-7月頃となっています。

・iPhoneは12月頃から新規実質0円キャンペーンが始まりやすいです。